[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [6] 商品中 [1-6] 商品を表示しています

フィンカ・ラ・リンダ トロンテス

1,620円(税込)

サクラワインアワード2015でシルバー賞受賞


ブラック・オパール シラーズ

1,620円(税込)

オーストラリア随一のヴァリューワイン


トラッチャ・ディ・プレスーラ キャンティ レネオ

1,728円(税込)

職人の知性と情熱を注いだ逸品



全 [6] 商品中 [1-6] 商品を表示しています

デリス・ド・キュイエール×わくわくワイン 特設コーナー


イタリア料理コース
洋食で低糖質料理コース
フランス料理コース

16年9月度のコースはこちらから
16年11月度のコースはこちらから
16年12月度のコースはこちらから
17年1月度のコースはこちらから
17年2月度のコースはこちらから

川上文代先生プロフィール


顔写真 「デリス・ド・キュイエール 川上文代料理教室」を主宰する料理研究家。
1983年に辻調理師専門学校を卒業し、同校に職員として12年間勤務。この間にフランス三ツ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」での研修をはじめ、辻調理師専門学校(大阪校)、フランス・リヨン校、エコール辻東京にてプロ料理人の育成に勤める。

1996年に「デリス・ド・キュイエール 川上文代料理教室」を開設。教室では本格的なフレンチ・イタリアン・パティスリーを中心に、基本の家庭料理、世界の料理、オリジナリティ豊かな料理を提案している。また、辻調理師専門学校外来教師、NHKきょうの料理講師、雑誌や新聞へのレシピ掲載、食育インストラクター等として幅広く活躍している。

わくわくワインでは今回、料理研究家の川上文代先生が主宰するデリス・ド・キュイエールとタイアップし、教室で飲まれたワインや、川上先生がこれまでに書かれた著書を販売するコーナーを設けました。

10月度の教室別料理メニュー、提供ワイン紹介


イタリア料理コース メニュー

1.クロスティーニ各種
(レバームース・パプリカのグリルとトマトのマリネ)

2.4種類のチーズのペンネ、ミントとレーズンのペースト添え

3.カルトッチョ
(魚の紙包み焼き)、*チーズの蜂蜜がけ付き
イタリアン
ご提供ワイン

ヴィッラ・トッレ トレッビアーノ・ダブルッツォ
アブルッツォ州はアペニン山脈から続く起伏に富んだ斜面から、海岸付近の丘陵まで広がるブドウ畑は、さまざまな地形・土壌・気候を持ち、さまざまなタイプのワインを産み出します。
トレッビアーノ・ダブルッツォは海岸地帯で、魚介料理と楽しまれています。

醸造元は【チトラ】、アブルッツォ州で最大規模の生産者です。
特に高く評価されるのは、量ばかり追うのではなく、余裕ある大きな生産者だからこそできるクオリティ追及に熱心で、彼らの作品を超えるコストパフォーマンスを見つけるのはイタリア博といえど至難の業といわれています。

■原産国:イタリア(アブルッツォ州)
■格付け:DOC
■タイプ:白 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
■容量:750ml
■ブドウ品種:トレッビアーノ100
■ワイナリー:チトラ

↓↓↓この商品をお買い求めの方はこちらから↓↓↓



トラッチャ・ディ・プレスーラ キャンティ レネオ
日本人にとってイタリアワインと言えば「キャンティ」があまりにも有名ですが、どんな味わいだったかを記憶している方はほとんどおられません。さっぱりしてたのか、重かったのか、タンニンが強かったのか、酸味がきいていたのか?等々
価格はいくらだったのか?や壜型やラベルはどんなだったのか?もありますね。
それは、「キャンティ」は品質も、ぶどう品種のブレンド比率も、味わいも、価格もバラバラだからです。共通しているのは、サンジョヴェーゼという品種を70%以上使っていることです。
イタリアで最大栽培面積で、最高級品種と言われるこの「サンジョヴェーゼ」を、じっくり味わっていただければイタリアワインが見えてくるでしょう。
イタリアワインが最も合うのは、イタリア料理だということがご理解いただけるでしょう。

■原産国:イタリア(トスカーナ州)
■格付け:DOCG
■タイプ:赤 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
■容量:750ml
■ブドウ品種:サンジョヴェーゼ、カナイオーロ・ネロ
■アルコール度数:13.0%
■ワイナリー:トラッチャ・ディ・プレスーラ

↓↓↓この商品をお買い求めの方はこちらから↓↓↓



 こんなワイングッズも使用しました!

ギディーニ ウルトラコルク抜き
コルク抜き
一番シンプルで使いやすいタイプのコルク抜きです。
キャップシールを取ったらカポっと被せて後はひたすら回すだけ!簡単に抜けます

↓↓↓この商品をお買い求めの方はこちらから↓↓↓



ワイン&シャンパンセーバーセット
セーバー
ワイン用に使うセーバーが2個、スパークリングワイン用に使うセーバーが1個、ボトル内の空気を抜く・入れるためのポンプが1個入ったセットです。
ワイン用のはボトル内の空気を抜いて酸化を防ぐのに対し、スパークリングワインは空気を入れることで泡が抜けるのを防ぎます。ポンプを使う際はレバーの位置を良く見てお使いください。

↓↓↓この商品をお買い求めの方はこちらから↓↓↓



このページのトップへ



洋食で低糖質料理コース メニュー

洋食 低糖質 1.蟹と茹で卵とハーブのサラダ

2.ココナツ風味の鶏ときのこの雑穀リゾット

3.ミートローフ、手作りケチャップを添えて

4.ベークドチーズケーキ
ご提供ワイン

フィンカ・ラ・リンダ トロンテス
アルゼンチンの「トロンテス」は柚子のようなさわやかな、控えめの柑橘系の香り、やさしい酸味の辛口ワインです。
繊細な日本食にもよく合うワインとして、最近人気急上昇中。アルゼンチンワインは、世界中で注目のワインとなっています。

■原産国:アルゼンチン
■タイプ:白 辛口 軽○ ● ○ ○ ○重
■容量:750ml
■ブドウ品種:トロンテス100%
■アルコール度数:13.6%
■ワイナリー:ルイージ・ボスカ

↓↓↓この商品をお買い求めの方はこちらから↓↓↓



ブラック・オパール シラーズ
「赤ワイン、何を飲んでよいかわからなかったらオーストラリア・シラーズを」とよく言われます。オーストラリア・シラーズはどれもたいてい安くておいしく、適当に選んでも大きく後悔することがないからでしょう。
強烈な自己主張はありませんが、赤ワイン大好き党を満足させる味わい深さを持ち、低糖質料理には可愛く寄り添うでしょう。

■原産国:オーストラリア
■タイプ:赤 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
■容量:750ml
■ブドウ品種:シラーズ100%
■アルコール度数:13.5%
■ワイナリー:ブラック・オパール

↓↓↓この商品をお買い求めの方はこちらから↓↓↓



このページのトップへ


フランス料理コース メニュー

1.アリゴ&トリュファード
(じゃがいもとチーズの伝統料理)

2.うさぎのロースト、塩漬け豚肉とピュイ産レンズ豆の煮込み添え

3.パート・ド・フリュイ各種
(フルーツピューレを凝縮したグミのようなデザート)
フレンチ
ご提供ワイン

シャトー・レストリュエル メドック クリュ・ブルジョワ
ボルドーワインは、原則その使われたブドウの産地(場所)で表示されます。
 (1) ワインの中身を推測するためには産地の特徴を知らなければなりません。
 (2) ラベルには法律(AOC法)で定められた名乗ることのできる産地名があります。
 (3) 産地名でも地方名、地区名、村名(これをAOCと言います)
 (4) 産地名は、細かく限定されるほど、ランクアップしていきます。
 (5) 畑名は、ボルドーではAOC法には定められておりません。
 (6) 畑名は、ボルドーでは、地区々々によって独自の格付がされております。
 (7) ボルドーのシャトーとは、畑名であり、原則、醸造場所です。(シャトー元詰)

■原産国:フランス(ボルドー地方)
■格付け:AOCメドック
■タイプ:赤 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
■容量:750ml
■ブドウ品種:メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン
■ワイナリー:メゾン・ブエイ

↓↓↓この商品をお買い求めの方はこちらから↓↓↓



シャトー・ラモット・ギニャール
よく聞きますが、「貴腐ワイン」って何?
 (1) 黄金色をした、砂糖等の甘味を一切加えていない極甘口ワインです。
 (2) 樹になったままブドウの皮に貴腐菌というカビがつき、皮を溶かし、水分をとばし、干ブドウみたいに凝縮されてから、収穫・醸造したワイン。
 (3) その貴重な訳は、ブドウが凝縮されてしまうので、生産量は通常のブドウの1割くらいしか収穫できず、良質なものほど生産量が少ない。
しかも収穫期が遅いため、雨が降ればすべて駄目になる危険性が高い。
 (4) その飲み方は、よく冷やすことが鉄則。料理なしでも十分楽しめます。
   ブルーチーズとの相性抜群!
 (5) 昔は食前酒としてよく飲まれておりましたが、最近はデザートワインとしてが多いようです。
 (6) 寿命は、非常に長く、丈夫。熟成が長いとえも言われぬ香りと味わい。
 (7) 皇室では、病気回復祝いに贈られることもあるそう。

■原産国:フランス(ボルドー地方)
■格付け:AOCソーテルヌ
■タイプ:白 甘口 軽○ ○ ○ ● ○重
■容量:375ml
■ブドウ品種:セミヨン90%、ソーヴィニヨン・ブラン5%、ミュスカデル5%

↓↓↓この商品をお買い求めの方はこちらから↓↓↓



このページのトップへ



川上先生が書かれた主な著書


川上先生が書かれた著書から一部だけですがご紹介します。
フレンチ イチバン親切なフランス料理の教科書 」は2009年に出版された料理本です。ただフランス料理のレシピを載せるのではなく、フランスとはどういう国でどういった特色があるのかという点も併せて載せているので、面白く読める構成となっています。
また、レシピの内容も本格的であり、作る手順を細かく分け、出来るだけ分かりやすいように書かれています。普段から凝った料理を作られていて、フランス料理にチャレンジしたい方にはおすすめの一冊です。
ホーロー ホーローバットでそのままおかず 」は2014年に出版された本です。こちらは下ごしらえ道具として使われることの多い「ホーローバット」を使ったおかずのレシピを載せており、上記とはまた違った趣向の料理本となっています。
  • 私のオススメワイン
  • コルクの抜き方
  • ワイングッズ
  • 保存方法
  • ワイン産地
Top
●未成年者への酒類の販売は致しておりません。ご購入は20歳以上の方に限らせて頂きます。
●飲酒運転は法律で禁止されています。
●妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。