ワインの女王【カベルネ・ソーヴィニヨン(Cabernet Sauvignon)】

カベルネ
送料無料


『何故こんなに有名なの? 何故こんなに人気なの?』


「しっかりとした渋味のある赤ワインが好き。」
「赤ワインは重いのでないと飲んだ気にならない。」
「今日は肉を食らうぞ〜!」
「女子会なので、お歯黒状態になっても大丈夫かな?」
そんな時には『カベルネ・ソーヴィニヨン』のワインがおすすめですよ!

『渋味』『酸味』は大人の味。ある程度なれないとその美味しさは理解できません。
本来『渋味』は「毒」に、『酸味』は「腐敗」に通じ、本能として人間は拒否反応を示します。まさに子供にとっては理解できない「大人の味」なのです。
反面、『甘味』『塩味』は人間が生きていくにはなくてはならないエネルギー源・栄養素です。ですから、この『甘味』・『塩味』は訓練しても『渋味』・『酸味』のように敏感に理解できることはないようです。持って生まれた感性です。
しかし、この『渋味』と『酸味』は慣れるとハマる味わいです。まさに大人の味と言われる所以でしょう。

美味しく感じるものは、この『渋味』『酸味』『甘味』『塩味』(最近はそれに加えて『旨味』)の絶妙なバランスにあると言えるでしょう。
カベルネ・ソーヴィニヨンから造られるワインの真価は、まさにここにあります。壜熟成を経て醸し出されるやわらかで上品な『渋味』、優雅な『酸味』、そしてほのかな『甘味』の絶妙なバランスの上にのる複雑な味わいが人気の源なのです。

このカベルネ・ソーヴィニヨンの品種そのものの素晴らしさをうまく引き出すのが『風土(テロワール)』と『栽培技術・醸造技術』です。
もう一つの超高級赤ワイン品種『ピノ・ノワール』が、非常に繊細な品種で、風土(テロワール)と合った適地がなかなか見つけにくいのに対して、カベルネ・ソーヴィニヨンは、世界中で広く栽培されています。
大きな違いは、ここにあります。

「地球温暖化」が騒がれている昨今、カベルネ・ソーヴィニヨンは世界中で広く栽培され、旧来の慣習・法律にとらわれることなく、その土地ごとの風土(テロワール)に合わせて新しい栽培技術・醸造技術を駆使し、素晴らしいワインが産み出されています。これこそが、人気の大きな理由なのです。

カベルネ・ソーヴィニヨンからはお手頃なデイリーワインから高級ワインまで幅広く造られています。それだけに、価格と品質が合ったものを探すのが難しいのが欠点かもしれません。

若いカベルネ・ソーヴィニヨンのワインには、まるで「潜在能力は高いが、エネルギーが有り余って、尖って、世間とぶつかってばかりいるような若者」を思わせるものもよくみかけます。ゆっくり時間をかけて熟成させればすばらしいワインになるのですが・・・!
潜在能力があるかないかを見極めることが大切なブドウ品種です。それだけができれば、とんでもない「掘り出し物」に出会えるかもしれません。
目を世界に向けて、さまざまなカベルネ・ソーヴィニヨンに挑戦してみましょう。

代表的な『カベルネ・ソーヴィニヨン』の産地をご紹介いたします。

ボルドー(フランス)

なんといってもカベルネ・ソーヴィニヨンの代表産地です。
ボルドーではメルローなど他の品種とブレンドすることがほとんどで、品種の個性を補って味のバランスを取っています。渋味がしっかりして厚みがあり力強く、それでいて熟成させると繊細さも兼ね備えた、「気品漂う」高品質なワインを生み出しています。

カリフォルニア(アメリカ)

高品質ワインはヨーロッパでしか造ることができないと言われた1970年代、ブラインドテイスティング(銘柄を隠して行われる試飲会)で最高級のフランスワインを押さえて無名のカリフォルニアワインが優勝し、世界中を驚かせました。
フランス以外でも素晴らしいワインを造ることができる、ということを証明したのがこのカリフォルニア、ナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニヨンです。
ボルドーと比較すると、カリフォルニアは日照量が多く雨が少ないため、果実味が豊かでジューシー、渋味はしっかりして厚みがあるワインが生み出されます。ボルドーとの一番の違いは「果実味の豊かさ」にあると言えるでしょう。
お料理と合わせるのはもちろんですが、ワイン単体でも楽しむことができますよ!

チリ

お隣のアルゼンチンと違い、チリはそもそもワインの大消費国ではありませんでした。そのため生産者は早くから国際市場へ目を向けておりました。
チリでは他の品種とはブレンドせずにカベルネ・ソーヴィニヨン100%で造られるものが多くあります。
ちょうどボルドーワインの繊細さと、カリフォルニアワインのジューシーな果実味を兼ね備えた、「ボルドーとカリフォルニアのいいとこ取り」の高品質ワインが生み出されます。
以前は安くて美味しいデイリーワインの代表でしたが、現在では世界のトップクラスの品質のワインも生産されており注目を集めています。
しかも日本では、二国間で締結された経済連携協定(EPA)によって関税が引き下げられたこともあり、「コストパフォーマンスの高さ」も見逃せません!さあ、宝捜しに出発!

  • 私のオススメワイン
  • コルクの抜き方
  • ワイングッズ
  • 保存方法
  • ワイン産地
Top
●未成年者への酒類の販売は致しておりません。ご購入は20歳以上の方に限らせて頂きます。
●飲酒運転は法律で禁止されています。
●妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。