秋の夕食は、ワインと鮭で

サーモン
送料無料


秋鮭のおいしい季節がやってきました。鮭は年間を通して食卓にのぼる魚ですが、産卵のために遡上してくるこの時期の鮭は、淡泊で味わいがとても上品。生の美味しい鮭を味わえるのは、一年のうちで今だけなのです。そんな旬の鮭を、ワインとともに、ぜひ普段の夕食で味わってみませんか。

北海道産「生」秋鮭半身フィレ 約700g
ある調査では、月1回以上ワインを飲む人は全体の60%で、そのうち85%以上が家でワインを飲んでいるそうです。
ワインが「非日常」のお酒ではなく、「日常」の食卓にも溶け込んできているのがわかります。

でも、ワインに合う鮭料理なんて難しそう?
そんなことはありません。
味付けや合わせる具材・調理方法など、いつもの料理をほんの少し変えるだけでとっても簡単。
ワインのバリエーションも広がります。

例えば塩焼きすることの多い鮭を、味付けを変えて焼いてみます。
いつもなら醤油と大根おろしでいただくのを、ちょっと上等な塩を使って焼き、レモンをたっぷりかければ、果実味豊かな白ワインが最高に合います。
また、バターやオリーブオイルでソテーし、レモンを絞って、やや重めの白や軽めの赤でいただけば、旬の鮭の美味しさを一層ひきたててくれるでしょう。

みそだれで野菜と一緒に蒸し焼きにした「鮭のチャンチャン焼き」は北海道のご当地メニュー。
下味をつけた鮭をフライパンで両面軽く焼き、キャベツや人参、きのこなどを入れ、みそだれをかけ、ふたをして蒸し焼きにします。
焼きあがったら一緒に焼いた野菜も彩りよく盛ります。
大きな半身を使ってホットプレートで焼くと、大人数でも楽しめるメニューです。

いつもの料理の具を鮭に変えて「秋鮭とチーズの春巻き」なんていかがでしょう?
ひき肉のかわりに、ひと口大に切って下味をつけた鮭と、チーズ、大葉を春巻きの皮で巻いて、油でカラリと揚げます。
おかずにもおつまみにもなるこのメニュー、あればバジルソースも加えて巻くとグッと本格的な味に。
イタリアの赤ワインにピッタリです。

特別な日じゃなくても、おいしいワインをぜひ普段の食事で楽しんでくださいね。
単品購入
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2016 ノンフィルター
ボージョレ・ヌーヴォー
旬の秋鮭と11月の風物詩ボージョレー・ヌーヴォーは、まさに理想のマッチング。
塩焼き、バターソテーなどで、塩味をきかせ、レモンをしっかりかけた秋鮭に、今年収穫したぶどうで造るフレッシュなボージョレー・ヌーヴォーを合わせる。深まる秋が感じられる最高のマリアージュです。

■原産国:フランス(ブルゴーニュ地方)
■格付け:AOCボージョレー・ヴィラージュ
■タイプ:赤 辛口
■容量:750ml
■ブドウ品種:ガメイ
■ワイナリー:カーヴ・デュ・シャトー・デ・ロージュ

↓↓↓ご予約はこちらから↓↓↓



トラッチャ・ディ・プレスーラ キャンティ レネオ
キャンティ
サンジョヴェーゼはしっかりした酸味と同時に渋みも豊かな、トスカーナを代表する赤ワイン品種。
赤身肉の料理やトマトソースに合うと言われていますが、油で揚げたりチーズと合わせてコクを持たせた鮭料理と合わせても良い組み合わせになります。
日本のバジルである大葉(青じそ)の爽やかな風味ともなじみます。

■原産国:イタリア(トスカーナ州)
■格付け:DOCG
■タイプ:赤 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
■容量:750ml
■ブドウ品種:サンジョヴェーゼ、カナイオーロ・ネロ
■アルコール度数:13.0%
■ワイナリー:トラッチャ・ディ・プレスーラ

↓↓↓お買いものはこちらから↓↓↓



マナ バイ インヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン
マナ
旬の秋鮭の風味をそのまま味わうホイル焼きなどの料理には、ワインのボリュームも料理に合わせて重すぎないものを選びます。
果実味が豊かでさわやかな白ワインなら、秋鮭の繊細な味を生かし、味付けに使うすだちやレモンなどの柑橘果実や、ディルなどの青いハーブの風味ともなじんで、おいしく味わえます。

■原産国:ニュージーランド
■タイプ:白 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
■容量:750ml
■ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%
■アルコール度数:12.5%
■ワイナリー:インヴィーヴォ

↓↓↓お買いものはこちらから↓↓↓
  • 私のオススメワイン
  • コルクの抜き方
  • ワイングッズ
  • 保存方法
  • ワイン産地
Top
●未成年者への酒類の販売は致しておりません。ご購入は20歳以上の方に限らせて頂きます。
●妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
●飲酒運転は法律で禁止されています。


【酒類販売管理者標識】
販売場の名称及び所在地:株式会社テクス 渋谷区富ヶ谷2-19-12
酒類販売管理者の氏名:小林誠
酒類販売管理研修受講年月日:平成29年7月21日
次回研修の受講期限:平成32年7月20日
研修実施団体名:一般社団法人日本ボランタリーチェーン協会