休日・週末の夕食、家族で楽しむワインは?

休日
送料無料
*各商品の詳細および、単品購入ご希望の方はこちらから
*各商品の詳細および、単品購入ご希望の方はこちらから

今の時代、平日はみなそれぞれに忙しくて、家族全員が揃って夕食のテーブルを囲むのはなかなか難しい、というご家庭は少なくありません。だからこそ週末や休みの日の夕食は、家族が集まる大切な場にしたいものです。そこにワインがあると団欒の場がさらに和みます。まさにワインは「和飲」ですね。
普段よりワンランク上の、ひと工夫したおつまみやおかずは食卓を華やかに楽しくしてくれるでしょう。家族の談笑がますます広がるでしょう!週末や休日の夕食メニューは「非日常」を意識して。そしてワインもちょっとひと工夫したものを添えてみましょう。

世界のワイン産地の中で、「ニューワールド」と呼ばれるワイン生産国をご存知でしょうか?ひと昔前まで、「高品質なワイン=ヨーロッパのワイン」というのが一般的なイメージでしたが、栽培・醸造技術のグローバル化や地球温暖化による葡萄品種の適種適地の変動、ワイン消費地の変化などにより、高品質なワインを産するのはヨーロッパだけとはもはや言えなくなりました。ニューワールドにはまだ知られていない素晴らしいワインがたくさん隠れているのです。
中でも世界5位の消費量を誇るワイン大国アルゼンチンと、冷涼な気候を生かして品質にこだわったワインを生み出すニュージーランドは、ここ数年世界的にブームを巻き起こしています。
そんな二つの国から、いま注目の4品種をご紹介します。
単品購入

休日・週末に家族で楽しむ赤ワイン


酸味優しく、やわらか。ちょっと優雅な思いにさせてくれるのは、さすがピノ・ノワール!
シャングリ・ラ ピノ・ノワール
シャングリラ
フランス・ボルドー地方のカベルネ・ソーヴィニヨンは、葡萄産地なら大体どこに行ってもその土地土地になじんできましたが、ブルゴーニュ地方のピノ・ノワールは気難しい品種で、他の土地ではなかなかうまく根付きませんでした。しかし世界の栽培家達の長い年月をかけた努力が、今、実り始めています。ニュージーランドもその一つ。ピノ・ノワールならではの上品で可憐な香り・味わいを見事に表現しています。
シャングリ・ラは「理想郷」の意味。ニュージーランド人が住みたい町No.1のネルソン地区で造られるこのワインは、フレンチオーク樽12ヶ月熟成。シルキーな質感とパワフルな果実味で飲みごたえも抜群です。

■原産国:ニュージーランド
■タイプ:赤 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
■容量:750ml
■ブドウ品種:ピノ・ノワール100%
■アルコール度数:14.0%
■ワイナリー:ブラッケンブルック

↓↓↓お買いものはこちらから↓↓↓



タンニンやわらかで、酸味やさしい赤。お肉系の料理ならなんでも対応。お料理を引立てます。
フィンカ・ラ・リンダ マルベック
フィンカ ラ リンダ
マルベックは、フランスでは並酒用の品種でしたが、アルゼンチンに渡り突然変身しました。色・香り深く、やわらかいタンニンと酸味がバランスよく濃縮された驚異のワインを生み出しています。
このワインは、選別されたブドウの房のみを手摘みで収穫。その後、厳選された酵母で28℃の温度を保ちながらステンレスタンクで発酵。さらに、フレンチオーク樽とアメリカンオーク樽で3ヶ月間じっくり熟成させています。アルゼンチンで大成功した「マルベック」の典型です。
2015年サクラワインアワード*にてシルバー賞を受賞しました。 (*日本国内の女性のワイン専門家のみがブラインドで審査するワイン品評会)

■原産国:アルゼンチン
■タイプ:赤 辛口 軽○ ○ ○ ● ○重
■容量:750ml
■ブドウ品種:マルベック100%
■アルコール度数:13.3%
■ワイナリー:ルイージ・ボスカ

↓↓↓お買いものはこちらから↓↓↓




休日・週末に家族で楽しむ白ワイン


白ワインなのに香りが芳醇で豊か、味わいが奥深い。洋食に合せやすい白ワイン。
インヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン
インヴィーヴォ
革新的な小規模生産者が多いニュージーランドの中でも、「インヴィーヴォ」 はマールボロとセントラルオタゴからワールドクラスのワインを生産するプレミアムワイナリー。2008年のファーストリリースから世界市場に認められるワイナリーに成長しています。
東京よりも年間の平均日照時間の多い「マールボロ地方」で造られたソーヴィニヨン・ブランは、フレッシュなハーブや青草、ライムのような香りが立ち昇る冷涼さが特徴で、初めて飲んだ時に「感動的に美味しい」白ワインです。

■原産国:ニュージーランド
■タイプ:白 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
■容量:750ml
■ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%
■アルコール度数:12.9%
■ワイナリー:インヴィーヴォ

↓↓↓お買いものはこちらから↓↓↓



柚子の香り、酸味やわらか。毎日の食卓で楽しめ、飲み飽きないです。
フィンカ・ラ・リンダ トロンテス
フィンカ ラ リンダ
近年、ワイン輸出が飛躍的に伸びているアルゼンチンには歴史の浅いワイナリーが多い中、1901年に創業されたアルゼンチン最古の家族経営ワイナリー、ルイージ・ボスカ社は世界中から注目の的となっています。100年を超える創業家の伝統を引き継ぐため、ワインの品質にぶれがないことが、世界中で高い評価を得ています。
トロンテスは、明るいグリーンがかった黄色、ローズヒップとラベンダーの豊かで花のような香り、甘さとバランスの良い酸が口の中に広がり、滑らかで余韻が楽しめるライトな辛口ワインです。トロンテス特有の懐かしい柚子のような柑橘系の香りと味わいは、日本人が探し求めていた白ワインかもしれません。

■原産国:アルゼンチン
■タイプ:白 辛口 軽○ ● ○ ○ ○重
■容量:750ml
■ブドウ品種:トロンテス100%
■アルコール度数:13.6%
■ワイナリー:ルイージ・ボスカ

↓↓↓お買いものはこちらから↓↓↓

  • 私のオススメワイン
  • コルクの抜き方
  • ワイングッズ
  • 保存方法
  • ワイン産地
Top
●未成年者への酒類の販売は致しておりません。ご購入は20歳以上の方に限らせて頂きます。
●妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
●飲酒運転は法律で禁止されています。


【酒類販売管理者標識】
販売場の名称及び所在地:株式会社テクス 渋谷区富ヶ谷2-19-12
酒類販売管理者の氏名:小林誠
酒類販売管理研修受講年月日:平成29年7月21日
次回研修の受講期限:平成32年7月20日
研修実施団体名:一般社団法人日本ボランタリーチェーン協会